てんぷるの雑記帖

同性パートナーと暮らしているてんぷるが、マイペースに成長のキロクを綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ論。

今日から出勤している。
お正月休みの人がまだ多いのか、電車はかなり空いている。
しかも、職場もかなりまばらであった。

というわけで・・・今日はかなりのんびりと過ごした。

帰りにまた本屋に寄ってしまう。
今、ハマっている本があって。。

去年、本屋の店頭で目に付いて買ってしまった本のシリーズなのだが、「プロ論。」という本。

いろんな業界の第一線で活躍する50人の「プロ」たちの仕事に対するメッセージが集められた本。
去年買ったのは、プロ論。3という最新刊で、年末実家にも持って帰ってずっと読んでいた。

なんだかね。。今の職場に来て、すごく仕事について悩みまくってたのだ。

当初から少し違和感は感じていたけど、それがどんどん大きくなって、毎日毎日イライラしっぱなしで。

毎日少しずつモチベーションも下がっていくのが分かったし。

ここを選んだのは自分だからね、誰のせいでもないと思ってる。


仕事ってなんやろう?ってずっと考えさせられたよ。。

やっぱり、自分の力が発揮できて役に立っているという充実感、これがないと、お金だけではあかんのやという結論。


そしてやっぱり、根本となるのは、自分が何を求めているのか?ということなのだとつくづく思った。

私は仕事で何を得たいの?どうしたいの?何をやってて楽しいの?

やっぱり・・・私の原点は、モノづくりを楽しむことで・・・新しい技術に触れる喜びを感じることで・・・と、いろんなことが再認識できてきたのだ。

フリーになって、頑張らなくちゃ!って気負いも大きくて、その原点を見失いそうになっていたようにも思う。


そういう時に、この「プロ論。」という本は非常に勇気をくれた。
第一線で活躍している人でも、悩み迷い苦しみ、そこから少しずつ気づいていったのだと。

印象に残る言葉は数知れずあるが、ある人の言葉で、

「絶対」は絶対にない。揺れ動きつつ生きるから、人は進化する。

この言葉が特に印象に残った。


揺れ動いていいんだよね。

そして、得手不得手もあってもいいんだ。自分のよさを生かせることが大事なんだって再確認。


3ヵ月後、また別のところに行く予定なので、それまでの間、また自分を見つめなおしたいと思う。

いろんな本を読んでいろんな人に出会って、いっぱい触発されたいと思っている。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

てんぷる

  • Author:てんぷる
  • 1969年生まれの40代女性。
    システムエンジニア。

    2005年から同い年の同性パートナーと一緒に暮らしています。
    2008年に、カナダのバンクーバーで同性婚を挙げました。

    仕事も私生活も、楽しみながら、まっすぐ向き合いながら、
    これからも一つ一つ築き上げて行きたい。
    私たちにとって、セクシャルマイノリティとして生まれたことに
    意味があるのだから。

    やっと、女磨きにも目覚めました。

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

Twitterでつぶやき

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。