てんぷるの雑記帖

同性パートナーと暮らしているてんぷるが、マイペースに成長のキロクを綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出発の朝

いつもと変わらぬ時間に起き、お風呂に入る。

お風呂から出てくると、いつもの晴れた日と同じように、東向きのベランダにはまぶしいほどの日の光が射している。


いつものように、紅茶を作り、いつものように、パンを焼く。


今朝は、これまでの1週間のどんな日よりも気分がいい。
浮き足立っているのかもしれない。

これから先のことばかりが頭の中に映像となって現れる。


けろけろは、いつもと同じように寝たのに、2時間ほどで目が覚めて眠れなくなったらしい。

まるで遠足前日の児童のよう。


私はと言うと、意外とよく寝た。

寝つきも・・・相当早かったし。布団に入って数秒後には夢の世界だった。


目覚めて隣にけろけろがいなくて驚いたが、彼女は、どうしても夜中に目が覚めて眠れない時は、灯りをつけて本を読むので、私の邪魔にならないように、よく居間に行っている。

昨夜もそのパターンだった。


まあ、飛行機でゆっくり寝よう。


ここで過ごす、独身最後の朝(笑)の一コマ。

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2008.05/05 13:29分
  • [Edit]

すごい!てんぷるさん落ち着いてるな~^^
でも分かるな~けろけろさんの気持ち!

僕も大きな事がある前の日は絶対眠れません 飛行機も勿論眠れません^^;

どうか、今頃はお二人ともバンクーバーでゆっくり休まれてることを祈ってま~す
  • posted by 真
  • URL
  • 2008.05/05 15:57分
  • [Edit]

もうカナダですね。

今ごろもう挙式は終わられてるんでしょうかねー?
それともまだまだ、着いてから数日後なのかな?

ずっとずっと幸せでいてくださいね~w
  • posted by あい
  • URL
  • 2008.05/06 15:51分
  • [Edit]

おめでとうございます(^-^)

おかえりなさいませ。
久しぶりの日本の空気はどうですか?
カナダの空気の方が澄んでいて、日本にたどり着くとほっとしつつも淋しかったりしますよね。

これをごらんになるときお二人はもうご夫婦ですね! 
大きめにされたブーケは重くなかったですか?
私はあの重さに、自分達2人を受け止めてくれたカナダの空の大きさを思いました。
幸せの象徴なので、嬉しい重さですよね(^_-) 

お二人のあちらでの幸せな姿のご報告、楽しみにしています。
末永くお幸せに!!
  • posted by せい
  • URL
  • 2008.05/07 08:23分
  • [Edit]

ありがとうございました

>真さん
そうなんですね~。私も本当はその口なんですが、今回はけろけろが思った以上に・・・。飛行機でもあまり眠れなかったようです。結局1日目の夜もなかなか眠れなかったようで、ちょっとだけしんどそうでした。真さんは大丈夫でしたか?

>あいさま
ありがとうございます!
挙式の日は、挙式が終わってから、インターネットがしたくてたまりませんでした(笑)。うれしくて感動して幸せな気持ちを書きたくて・・・。
また追々報告は書いていきますね(^^)。

>せいさま
そうなんです、日本に帰ってきた時は雨で・・・バンクーバーはとてもよい天気だったので、さっきまで晴れてたのに、って思ってしまいました。
なんだか日本に帰ってきたことが信じられないようなそんな感じでした。
我が家のドアを開けると、ちょっとほっとしたような、さびしいようなそんな気持ちになりましたね。

ブーケ、確かに重かったです。でもおっしゃるように、その大きさが返ってうれしかった。

カナダの空は本当に澄み渡っててきれいでした。お花もきれいでした。
一生忘れないと思います。
またちゃんとした報告を少しずつ書いていきますのでよかったら読んでくださいね。
  • posted by てんぷる
  • URL
  • 2008.05/11 18:44分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

てんぷる

  • Author:てんぷる
  • 1969年生まれの40代女性。
    システムエンジニア。

    2005年から同い年の同性パートナーと一緒に暮らしています。
    2008年に、カナダのバンクーバーで同性婚を挙げました。

    仕事も私生活も、楽しみながら、まっすぐ向き合いながら、
    これからも一つ一つ築き上げて行きたい。
    私たちにとって、セクシャルマイノリティとして生まれたことに
    意味があるのだから。

    やっと、女磨きにも目覚めました。

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

Twitterでつぶやき

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。