てんぷるの雑記帖

同性パートナーと暮らしているてんぷるが、マイペースに成長のキロクを綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰って参りました

ついに帰って参りました。

今朝は私もけろけろも、時差ぼけのためか4時台に目が覚め、結局風呂にでも入りますか、ってことで、私はちょうど今風呂から上がったばかりです。

体もちょっぴりだるいのですが、心は幸せな気分で満たされています。
昨日の晩少しだけ荷解きをしたのですが、いろんな思い出が少しずつスーツケースの中から出てくるようでした。

また追々にバンクーバーでの出来事はUPしていきたいと思いますが、今は、ほんとにいろんなことがずっと思い出されて、現実世界にまだ戻れていない気がします。

昨日、関空に飛行機が着いたとき、日本は雨でした。
帰国する時バンクーバーは本当によい天気で・・・滞在中、曇ったことはあったけど、雨になった日は一日もなかったのです。

あきさんとこんさん曰く、バンクーバーは雨が多いので、こんなことは珍しいとのこと。

私たちにとってもすごい珍しい。
私たちが旅行すると雨が降らないことはまずなかったので・・・。

あきさんがハッピー通信にも書いてくださっていますが、向こうは今、桜が満開でした。
日本のとはちょっと違う、八重桜ですが。
そして、チューリップの季節で、町中でチューリップを見ることができます。

けろけろも驚いていましたが、バンクーバーは本当にお花のきれいな町でした。

この季節にしてよかった。
お花が大好きな私は心からそう思いました。

昨日の晩は、滞在中に、あきさんとこんさんに撮って頂いて最後の日にお別れするときにいただいた写真を2人でずっと見ていました。

撮っていただいた写真からでさえ、お二人の愛情がひしひしと伝わるようで・・・。

こんな表情してたんや、とか、いつの間に撮ってたんやろ、って写真がいっぱいで・・・。

自分たちで言うのもなんですが、本当にいい顔してて、どのショットも、一つのドラマのようなのです。


本当に、言葉では言い表せない、素晴らしい体験でした。
こんな言葉でしか表現できないのがもどかしいほど。


私にとっては、涙に始まり、涙に終わった、って感じですが。

あきさん、こんさんと空港でお別れするときも、自分で予想していた通り、やっぱり涙が溢れてしまった。
挙式の時も、バージンロードを歩く前から泣いてしまい、歩いている時は、しゃくり上げて泣いてしまった・・・。

誓いの言葉を読む時も、泣いてしまってすぐに読めない。

退場する時も、入場の時と同じようにしゃくり上げ・・・(笑)。

本当に泣き虫です。
今も書きながら目の前がだんだん見えなくなってきています。


お祝いの言葉をたくさんいただいて・・・それのお礼も追々書かせていただきますね。
本当に、ありがとうございました。
ホテルに飾って、毎日何度も読み返させていただいていました。


いただいたカードたち



今日一日休んだら、明日から現実に戻って、仕事です。

雲の上から降りてきて・・・地上に舞い戻る必要がありそうです。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

てんぷる

  • Author:てんぷる
  • 1969年生まれの40代女性。
    システムエンジニア。

    2005年から同い年の同性パートナーと一緒に暮らしています。
    2008年に、カナダのバンクーバーで同性婚を挙げました。

    仕事も私生活も、楽しみながら、まっすぐ向き合いながら、
    これからも一つ一つ築き上げて行きたい。
    私たちにとって、セクシャルマイノリティとして生まれたことに
    意味があるのだから。

    やっと、女磨きにも目覚めました。

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

Twitterでつぶやき

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。