てんぷるの雑記帖

同性パートナーと暮らしているてんぷるが、マイペースに成長のキロクを綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダ挙式 -13- ~誓いの言葉

次は・・・誓いの言葉。

私たちは、お互いへのサプライズレターを読み合うことにしていました。

まず私から・・・。


すぐに読めませんでした・・・。


私と出会ってくれてありがとう。

何気ない普段の日々が、あなたと一緒だから幸せ。

一緒にこの日を迎えることができて本当によかった。


そんな思いだけでした。


けろけろからは、


いろんなへこと、人への感謝の思いと、いつもの、

もっともっと2人で幸せになろうね。


という思いを込めたメッセージが読み上げられました。


けろけろは、自分は幸せになれないと思っていたそうです。

少しでも小マシに生きられればそれでいいや、って思ってたって。

だけど、自分も幸せになれる、もっと求めていいんだ、って思えるようになったと。


私も、けろけろと出会う前は・・・誰か一人の人を求め続けていたけど、このまま一人かもしれないな、って思うことは幾度となく。


一人で帰る部屋の寂しさ。

自分を褒めてあげることもできず、いつも不安を抱えながら必死で仕事に向かって、無気力に無為に過ごした休日も数知れず。

自分の未来はどうなるのかな、って考えるのも嫌で、とりつかれたようにいろんなことに夢中になったり。


そんな私たちでしたが、よくぞめぐり合えたものと思います。

よく2人で言うんですが、私たちってラッキーだったのかな?って。


確かに、私もけろけろも、求めたから出会えました。

だけど、私にとってけろけろ、けろけろにとって私であること、この2つが運よく揃ったから、でないと今の私たちはないと思うのです。

衝突もあるし、ケンカももちろんしますが、それは、お互いが別個の個体である以上、しょうがないし、また、それはあっていいこと。

2人の間に思いの違いやお互いへの気持ちのすれ違いのような何かが起こった時、向き合うのは確かに骨も折れるしパワーもいります。

だからといって、そういうことに蓋をしてしまうと、必ず溝ができて・・・溝が増えたり、深まったりすることでしょう。

些細なことにも蓋をせずに向き合います。
これはけろけろがずっとそういう姿勢をとり続けてくれ、私もそれは大事だと思うようになりました。


私たちは、運がよかったのかな。

気質はまるで・・・凹と凸のような2人。

だけど、求める価値は多分同じです。

だから、一緒にいることが自然で、心地よい。

出会えてよかった。


そんなことを思いながらの誓いの言葉でした。


手紙

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

てんぷる

  • Author:てんぷる
  • 1969年生まれの40代女性。
    システムエンジニア。

    2005年から同い年の同性パートナーと一緒に暮らしています。
    2008年に、カナダのバンクーバーで同性婚を挙げました。

    仕事も私生活も、楽しみながら、まっすぐ向き合いながら、
    これからも一つ一つ築き上げて行きたい。
    私たちにとって、セクシャルマイノリティとして生まれたことに
    意味があるのだから。

    やっと、女磨きにも目覚めました。

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

Twitterでつぶやき

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。