てんぷるの雑記帖

同性パートナーと暮らしているてんぷるが、マイペースに成長のキロクを綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お尻の・・・

昨日、お尻を捻挫してしまった私。
お尻というか、正確には一応「腰椎捻挫」というらしいが。
でも、腰椎捻挫というのは調べてみると、いわゆるぎっくり腰のことをいうのが通常らしい。
私の場合は、ちょっと違うねん・・・腰椎でもいちばん下の方で・・・ほぼお尻の穴(失礼)に近い左側をやってしまったという。

何となく、3日くらい前から痛いなあとは思ってたんだけど、原因も分からず、特にそんなに生活に支障もないし、日にち薬やろうと思って放ってたんだよね。

というのも、同じ場所を、ここに引っ越してすぐ位に、リビングで変な体勢で転寝してしまって傷めたことがあった。
その時ずっと、尾骶骨が痛い、って言ってて、階段とか上る時に、患部が引っ張れて痛かったりとかしたんだけど、少々時間がかかりながらも(数週間かな)日にち薬で治ったんだよね。

今回もちょっと痛くなった時、また日にち薬で治るだろう、くらいに考えてて、昨日朝起きていつものようにヨガをしようと前屈姿勢を取った途端、お尻の付け根辺りに激痛が走った(+o+)。
起きた時は普通に歩けたのが、もう歩くのもやっとなくらい痛む。
こりゃやばいぞーって。今日祝日なのにーって。
椅子とかに座るのはまだましなんだけど、立ち上がる時が特に痛くて、一度立ち上がったら座るのも怖かった。座ったらまた立ち上がるという動作をしないといけないから。

ってな具合に痛がる私を見て、尋常じゃないものを感じたけろけろは、本当はスポーツクラブに行くはずだった予定を急遽取りやめ、祝日でもやってる病院をネットで探し始めてくれた。

一日我慢して、今日なら平日なので病院やってるしとも思ったんだけど、立っても座っても動いても何してもかなり辛くて1日我慢できるかどうか分からないなあと自分でも思い始めたしね・・・。

適当な病院を見つけては、けろけろが、朝の7時過ぎから電話を掛けてくれた。
でも総合病院だと、担当医が整形外科医ではないので、来てもレントゲン取るまではできてもその後の専門的な診断を保証しかねるということで、後日また来てもらわないといけないとことごとく言われ・・・そういえば!と、けろけろが、昔、日曜日に首を傷めた時に行った外科専門の病院が救急やってたって言って探すと出て来て早速電話。

そこでも、通常の日と違って保証できないこともあるとは言われたけど、一応内科とかの先生に診てもらうわけでもないしというので、思い切って行くことにした。

行くのがこれまた一苦労だったんだけどね(+_+)。
歩くのはもう息も絶え絶えって感じでノロノロじゃないと進めないし、階段の上り下りも極力避けたいっていうんで、普段は絶対使わないエレベータとかエスカレータのお世話になりまくり、電車でも、座ると立つ時が辛いので、痛めていない右側に重心を置いて立って、っていう感じで、ほんまに大事でした。

病院についたら、祝日だって言うのに思いの他にぎわってて(やっぱり怪我する時はするもんね。。)、ちょっとだけ待ったかな。
診察では、横になって足を動かしたりいろいろされて痛む患部を特定される。
そしてレントゲンを取ってもらい、診察してもらった結果骨には異常なしで、やっぱ筋肉を傷めたということだった。
そして、「腰痛捻挫」ですな、と言われたのだった。

腰椎って???ってよく分からなかったんだけど、とりあえず腰の辺りのことを言うのかな?と思い・・・でも、ここって「腰」になるのかな?と思ったんだけどね。だってだいぶ下の方やし。

でも、捻挫なので、とにかく安静が大事、日にち薬で治ります、と言われて少し気分的には楽になった。
痛み止めと湿布薬をもらい、えっちらおっちら帰る。
帰り着く頃にはもうお昼になってて、お昼ご飯を食べたら、私はベッドで横にならせてもらった。
そうするうちに知らない間に寝てしまってたけどね・・・。

昨日は前から歌舞伎のチケットを取ってて、夕方には外出しないといけなかったんだよね。
猿之助演出のスーパー歌舞伎「ヤマトタケル」。
見てみたくてチケット取ってたの。

だから、出かける1時間前に起こされ、それから2人で幕間に食べるお弁当を作る。
例の患部の方は、痛み止めのおかげでかなりマシになってました。
でも、用心しつつ、ゆっくり歩いて劇場に向かったのだった。

歌舞伎は楽しかった。
スーパー歌舞伎ならではのフライングもあったし、ストーリーもまだ比較的分かりやすい。
とはいえ、歌舞伎を観る時は予めストーリーを予習してないと難しいかなとは思うのだが・・・。

でも私たち、やっぱりどうしても、きれいな女形の方に目が行ってしまう性を持ってるのよね(笑)。
市川笑也っていう女形が素晴らしくよかった~と意見が一致。
声もほんとは男性とは思えない自然さがあるし、立ってるだけで出てる何ともいえない雰囲気に忽ち虜にされた私たちです。

今度、女形が主役の舞台を是非観てみたい!と思ったのだった。
とりあえず玉さま辺りを観てみたかったり。。

そんなこんなで、開演が16時半で終演が21時という長丁場だったけど、何とか患部の痛みも痛み止めで抑えられてて、でも翌日は絶対安静にしてようと決めた私でした。

その日のお風呂はほとんど要介護状態(笑)。
今日のお風呂もそうだったけどね。
でも明日辺りから一人で入れそうな感じかも。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

てんぷる

  • Author:てんぷる
  • 1969年生まれの40代女性。
    システムエンジニア。

    2005年から同い年の同性パートナーと一緒に暮らしています。
    2008年に、カナダのバンクーバーで同性婚を挙げました。

    仕事も私生活も、楽しみながら、まっすぐ向き合いながら、
    これからも一つ一つ築き上げて行きたい。
    私たちにとって、セクシャルマイノリティとして生まれたことに
    意味があるのだから。

    やっと、女磨きにも目覚めました。

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

Twitterでつぶやき

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。