てんぷるの雑記帖

同性パートナーと暮らしているてんぷるが、マイペースに成長のキロクを綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠れ・・・

昨日、けろけろに言われました。


「あんたは、隠れラテン三つ子やな。」


隠れラテン三つ子ってアンタ(^_^;)。


私、あまりそうは見えないのですが(実は見えてるのかな(^_^;)!?)、意外とラテン系な感じなのです(どんな感じや!)。



とりあえず、喜怒哀楽が激しいってことです。



けろけろとケンカしても、怒って(たまにわめいて(^_^;)・・・たまに物投げて(^_^;;))、大泣きして・・・仲直りして、スッキリ。


あまり後には引きずらないですかね。。。


嬉しいことがあると、大喜びしてキャッキャはしゃいで・・・ほんとに子供そのままらしいです。


クール、とか、感情を押し殺す、とか、私には無縁みたい(笑)。



その上、食べ物への執着はすごく(苦笑)、9月の下呂温泉・高山旅行の計画でも、私、どうしても、飛騨牛のステーキが食べたくて、そのことで小騒ぎがありました(笑)。


飛騨牛のステーキ食べたいけど・・・1泊だし、旅館の夕食はとっても豪勢でお腹いっぱいになるだろうし、1日目はやめといた方が・・・ってなったんですね。

でも、ステーキが諦めきれない私は、、2日目のお昼、下呂温泉でお昼にステーキ食べてから帰ったら、と思って調べたけど、私が頭に描くステーキのお店が下呂温泉にはないんですよね。。


1日目に行く、高山になら、そういうお店があるんです。


でも、夕食が・・・多いしなあ。。


でもやっぱり諦めきれない・・・ステーキ食べたいよう。


っていうんで、1日目に、高山に着いてすぐに、ステーキを食べることになりました(笑)。

夜は旅館の夕食だし、大丈夫かなあ、私たちの胃、持つかなあ、って言ってるんですが、私、どうしても食べたいんです・・・。



いっつもこんなんです。

けろけろは食べ物にそんなに執着がないから、大体、私が食べたいもののあるところに行きます(笑)。

食べ物に関しては、ほとんど、私の希望で決まります(笑)。



とにかく、家に帰ると、ほんとに理性がなくなるんだなあ。

あれやりたい、これ食べたい、、こうして欲しい、甘えたい・・・そのまんまに動いてしまう。



「あんたはいっつも、理性のかぶり物を玄関で脱ぎ棄てて来るねんなあ。」


とはけろけろの言。


別にノロケるわけじゃあありませんが、やっぱり、けろけろが、おおらかで、私のやりたいようにやらせてくれ、私を受け止めてくれるのが大きいんだと思いますけどね。


もしけろけろが私と同じような人種(隠れラテン三つ子(笑))だったら・・・毎日えらいことでしょう。



こんなわがままな私を受け止めてくれて、ほんとにありがとう、と毎日思ってます(笑)。

Comment

びっくり!

食べ物の執着についてと、ラテン系っていうのに驚きました。
私も見事にそのタイプで、デートで行きたい所も、基本的に食べ物だったり、思い出も食べモノ中心になっています。
けんかの行動パターンもそっくりです、怒って、泣いて、クッションを良く投げつけます、私は。
勝手に親近感です、小娘ですが^^

飛騨牛のステーキいいですね~! 食べたい!
温泉楽しんでくださいね^^
  • posted by れい(yuchi)
  • URL
  • 2009.06/28 13:46分
  • [Edit]

そうなんですか!?

>れいさん

えっ、れいさんも私と同じ種族(笑)の人だったんですね!私も親近感(^◇^)

私も食べ物の思い出が一番鮮明ですね。しかも、どの店で何を食べたか、っていうのまで覚えていることも多く、よくびっくりされます。

そしてれいさんはクッションですか(笑)。
私の場合は、ぬいぐるみ。
別に投げるために買ったわけじゃないんですが、部屋に置いてあるぬいぐるみがよく宙に舞ってます(笑)。

でも、何かあっても食べ物で元気になれたりするので、意外と私たち種族(笑)は単純で楽かもしれませんね。

コメントありがとうございました!
  • posted by てんぷる
  • URL
  • 2009.06/29 06:43分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

てんぷる

  • Author:てんぷる
  • 1969年生まれの40代女性。
    システムエンジニア。

    2005年から同い年の同性パートナーと一緒に暮らしています。
    2008年に、カナダのバンクーバーで同性婚を挙げました。

    仕事も私生活も、楽しみながら、まっすぐ向き合いながら、
    これからも一つ一つ築き上げて行きたい。
    私たちにとって、セクシャルマイノリティとして生まれたことに
    意味があるのだから。

    やっと、女磨きにも目覚めました。

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

Twitterでつぶやき

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。