てんぷるの雑記帖

同性パートナーと暮らしているてんぷるが、マイペースに成長のキロクを綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジコチューな私

けろけろが、先週の後半から落ち込み期間(苦笑)に入り・・・今週の頭からまた復活

私は、けろけろの落ち込み期間の間、またもや葛藤に苦しみ、週末は、どんだけ泣くねん!?というくらい泣きに泣き、目がパンパンに腫れあがりました。。


この葛藤というのは、まだまだコントロールしきれていない、私の中の自我との戦いでして・・・。


何度もここにも書いている、



「このままずっと元気になってくれなかったらどうしよう・・・?」


というちょっとジコチューな不安と、



「体の不調と一緒で、落ち込んでも時間の問題。温かく見守ってあげよ」


という、理性的な考え方との狭間で、揺れ動くワタクシ。




けろけろと比較して分かったんですけど、私はほんっとに自我が強い人間なのです。

特に家の中では(^_^;)。



だから、けっこうジコチューな感情がまず優先的してしまいます。

でも一応、自分の中には、オトナな部分も多少ではありますが(笑)、あるんですね。

なので、そのジコチューな感情から出てしまう言葉とか行動が、これまたジコチューになってしまいがちなんですけど、以前はもう、そのまんまぶつけていました。。



だったら初めからそんなこと言わなければいいやん。

と思っても、感情って絶対コントロールできませんから・・・



言っては後悔。。

やっては後悔。。



みたいなことがしばしばありました。

そして、自分を責めて大泣き・・・。



私はなんて冷たい人間なんだろう・・・なんて自分勝手な人間なんだろう・・・


なんで、こういう時こそ、やさしくしてあげられないんだろう・・・



今回みたいに、けろけろが落ち込んだ時がこれまた試練の時でして・・・。




早く元気になって、一緒にエキササイズしたり、楽しく過ごしたい


という、けろけろのことを心配するというより、自分の欲求の方がまずは勝ってしまいます・・・。



私が落ち込んだ時、けろけろはどうしてくれるかっていうと、


根気よく励ましてくれて・・・本当に根気よく。

でもそれも、彼女にとっては自然なことで、別に「頑張って」やっているわけじゃない。



なんでこんなに違うんやろう・・・なんで・・・私はなんで、自然にそんなふうに思えないんだろう・・・




今思えば、ただただ、私が「子供」のままっていうことなのです。


感覚的に感じることをそのままストレートに出してしまう・・・。


特に家の中では、世間でいうところの、「大人げない」と思われるようなことを、大人げないからしない、というふうにはできない人間なのです。


だけど、一応、理性もあるから、自己嫌悪・・・子供な自分に自己嫌悪。




こんな感じで、私たちはあまりにも違うところが多く・・・


「私たちの間に平均線があるよね」

ってよく言うんですけど、ほんとにそういうところが多い。


何年か前に、人の性格を分類づけるのを学ぶっていうセミナーがあって2人で参加したことがあったんですけどね。

かなり、興味深いものでした。


私とけろけろは、生まれ持つ本質が全く違うということがはっきり分かりました。



それに行ったおかげで、今は、自分では理解できない相手の言動にも、これは生まれ持った本質なんやもんねえ、って理解を示せるようにもなったんです。


そうでないと、絶対理解できなかったでしょう。


けろけろも、これでようやく、私の取る行動が納得できるようになったと言います。


このジコチューさも・・・私の強い自我ゆえ。


ということがはっきりしたから、大丈夫だよと。




とりあえず、けろけろが落ち込んだ時、という状況に対して、少しずつではありますが、それを

「受け容れる」

ことが以前よりはできてきてるとは思います・・・これでも。


どうしても湧いてしまう、自分のジコチューな感情を抑える必要はないけど(たぶん無理です)、



「あ、ジコチューな感情が湧いてる・・・」



と、湧いた瞬間に、自覚できるようになってからは、ちゃんと葛藤できるようになったから。。

子供っぽい感情と、それに対する自己嫌悪との葛藤。



以前の私なら、そんなこと考える間もなく、その感情をその瞬間にけろけろにぶつけていました。


そして後で、後悔。。



今は、湧いた瞬間に、葛藤する自分がいる。


これだけでもちょっとした進歩なのです、私にとっては。


自分の中のジコチューをちゃんと認識できるようになった自分がいる。


そうすると、多少理性的な行動が取れるようになる。

わけが分からず、ぶつける、っていうんじゃなく。


まあそれでも、自分の中のジコチューさに苦しみますけどね・・・なんでこんなこと思うんやろ、って。

だから、泣けてしまうんですけど・・・。

自分の中のジコチューに、泣けてしまうのです。



けろけろにも、


「私、こんなふうに思ってしまってん・・・ごめん・・・やっぱり感情抑えきれへんから・・・。ほんま、冷たいし自分勝手でジコチューな人間やんなあ、私・・・。」

って正直に言いつつ、号泣です(結局全部言ってます(^_^;))。



そういう感情が湧いてしまったら



そういうことも、あるさ・・・

体の不調と一緒で、そのうちまた元気になるさ・・・



と考えるようにすること。



私はまだもう少し、修業が必要ですが(^_^;)、これでも、前に比べたら、頑張れるようになってきたやん!すごいやん!とけろけろは言ってくれます(笑)。


その瞬間に葛藤できるようになっただけでもすごいよ、と・・・。



だから、その瞬間にけろけろにぶつけることなく・・・まあ、その感情について打ち明けはしても(^_^;)、一応、理性的にコントロールできるようになったということでしょうかねえ。




ジコチューな感情が湧いてしまう自分を「受け容れる」、っていうのが大事なんでしょうね。

それはしょうがない。

でも、それを認められるようになっただけでも、よかったなと思うのです。



こうやって少しずつ、自分の本質を理解して行くことができて・・・。




ほんと、「受け容れる」ってものすごく奥が深いんだな、ってけろけろとしみじみ語る毎日です・・・。

Comment

人間なかなか 「自分に気がつく」って出来そうで出来ないもんです。 でも、てんぷるさんはちゃんと自分に気がついて、それに葛藤し悩み受け入れてる。 それはすごい事だと僕は思います。 特に年を重ねるとなかなか自分を変えられないものですが、ちゃんとてんぷるさんは成長出来てて素晴らしいなと思いました。
僕らは一緒にいるからこそ成長し合える二人でいようっていつもぴょんと話してるんですが、てんぷるさんとけろけろさんはまさに一緒にいるからこそお互い成長し合えてるお二人だなぁと読んでてそう思いました。
相手を思い、自分の未熟さに涙できるてんぷるさんは素晴らしいですよ!
僕もてんぷるさんを見習って、もっと自分に気がついて成長していかねば!と改めて思いました^^
  • posted by 真
  • URL
  • 2009.07/14 13:25分
  • [Edit]

修業、ですよね

>真さん

いつも温かいコメントありがとうございます(^^)。
そうですよね、自分に気づく、自分を分かる、っていうのがけっこう難しいもんですよね。自分がスタンダードって思ってるから・・・私たちの場合、お互いけっこう違う、というところも大きいと思います。
だからこそ、これはこのままじゃいけないな、と思う点も分かりやすいというか・・・。
そういう意味では、一緒にいるから成長できる、とおっしゃる意味もすごくよく分かります。
真さんとぴょんさんもそんな感じでしょうか?

> 相手を思い、自分の未熟さに涙できるてんぷるさんは素晴らしいですよ!
> 僕もてんぷるさんを見習って、もっと自分に気がついて成長していかねば!と改めて思いました^^

いえいえそんな・・・。
自分の未熟さを受け容れる、というのもこれまた難しいと痛感しています・・・。
ほんと、人間って、非論理で利己的なんですよね、実は本質は(^_^;)・・・。
だからこそ、成長のし甲斐があるのかもしれないですよね(*^^*)。

そういえば・・・私、以前は、けろけろに対して「謝る」というのもできない人間でした(^_^;)。
今はすぐに謝れるように、ようやくなりました。
何年かかかって・・・本当に未熟過ぎる私です・・・。
  • posted by てんぷる
  • URL
  • 2009.07/15 05:31分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

てんぷる

  • Author:てんぷる
  • 1969年生まれの40代女性。
    システムエンジニア。

    2005年から同い年の同性パートナーと一緒に暮らしています。
    2008年に、カナダのバンクーバーで同性婚を挙げました。

    仕事も私生活も、楽しみながら、まっすぐ向き合いながら、
    これからも一つ一つ築き上げて行きたい。
    私たちにとって、セクシャルマイノリティとして生まれたことに
    意味があるのだから。

    やっと、女磨きにも目覚めました。

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

Twitterでつぶやき

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。