てんぷるの雑記帖

同性パートナーと暮らしているてんぷるが、マイペースに成長のキロクを綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動き出した

突発性難聴の次に、メニエール病になってしまった・・・この病気には10年前にかかって、その後も1回かかった記憶があります。


とりあえず、利尿剤の水薬と血流改善のためのもろもろの薬をしばらく飲むことになりました。




あまりにめまいがひどく・・・絶えずフラフラしているような状態です。




そして今日、ついに現場の人に、しばらく療養をしたい旨を伝えて来ました。




昨夜、決心しました。



でも朝も、何だか悔しい気持ち、切ない気持に何度もなって、本当にこれでいいんだろうか?って気持ちに踏ん切りをつけるのが大変で、何度か涙が出てしまいました。



でも、友人やけろけろが言ってくれた言葉が背中を押してくれました。




体が一番だよ、って。


これまで頑張ってきたんだから、それはみんな分かってるよ、自分を責めないで、って。




情けない、なんて思っちゃ、いけない。。


私は私なりに、今の現場で頑張ってきました。


常にいい仕事したかったし、最後まで全うするつもりだった。



本当に悔しいし、なんでこんなことになったんだろう、って考えても、もうしょうがないこと。


一度ゆっくり休みたい、って、体調を崩す前から、実はちょっと前から思ってました。


あの現場に行って1年が過ぎましたけど、1年前のような、燃えるようなモチベーションは既になくなっていて、その場その場の仕事を片付けて行くのに必死になっていたから。


いい仕事したい、っていう1年前には私を駆り立てていた気持ちが、なくなっていることも分かってました。


それほど精神的に、きてたのかもしれません。


こんな感じでもはや限界にきていて、ちょうど潮時だったんでしょうね。






というわけで、今の現場からは退場→今の最終契約先からも退場ということに必然的になりそうです。




しばらくぶりのプー子になることが決定。




しかし、今朝も本当にフラフラで、電車に乗るのさえしんどい感じだったのが、伝えてしまったとたん、めまいがなんかちょっと軽くなった気がするのです。


まだ予断は許しませんが、どう考えても、軽くなった気が。





・・・やっぱり辞めることにしてよかったのだと思います。


このままいたら、きっともっといろんなところに症状が出ていた気がするので。。




そして、やっぱり、相当あの現場は私にはきつかったんだなと思いました。


仕事内容というより、人の面で。





このご時世、仕事は本当に少ない、すごい買い手市場だ、とエージェント会社の人も言っていました。


多分私が次に動き出す頃も、状況はそうは変わってないでしょうから、次の仕事にすぐにありつくのは難しいかもしれません。



それでも、体の大事を取ったという意味では、後悔はしたくないです。

あんないい条件のところはそうそうないとは思う・・・そう考えると、もうちょっとなんとかなったのかな?とか往生際の悪いことを考えたりもしますが、きっと、どっちの道を選択したとしても、後悔するものなのだと思うのです。


何とかだましだまし頑張って残る方を選んだとしても・・・あ~あの時やっぱり抜けてれば、ときっと何度も思うことになったことでしょう。

体の不調もますますひどくなっていた気もするし。



今回のように辞めることを決断してもさっそく、これでよかったのかな・・・という気持ちが湧いたりしてますけどね。。



だけど、明らかに、体が少し楽になっているのを見ると、効果的な「薬」だったんじゃないかと思うのです。




もう決めてしまったことだし、動いてしまったし・・・今までの私の人生で、あまりまとまって休んだこともそうそうないので、1ヶ月くらい、療養ということで、のんびりするのもありですよね。


人生は長いのだし。


先のこともきっと・・・きっと、なるようになるんでしょうし。





こんなに急に物事が動くとは予想だにしていなかったけど・・・病気になって改めてストレスの怖さも実感しましたし、心が嫌がることを無理強いすることは、自分自身の虐待と同じなのだと改めて感じた今回の出来事でした。





・・・しかし、こんなに楽になるとは予想以上でした(笑)。


きっと治りそうな気がしています。うん、絶対治る。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

てんぷる

  • Author:てんぷる
  • 1969年生まれの40代女性。
    システムエンジニア。

    2005年から同い年の同性パートナーと一緒に暮らしています。
    2008年に、カナダのバンクーバーで同性婚を挙げました。

    仕事も私生活も、楽しみながら、まっすぐ向き合いながら、
    これからも一つ一つ築き上げて行きたい。
    私たちにとって、セクシャルマイノリティとして生まれたことに
    意味があるのだから。

    やっと、女磨きにも目覚めました。

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

Twitterでつぶやき

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。