てんぷるの雑記帖

同性パートナーと暮らしているてんぷるが、マイペースに成長のキロクを綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒されました・・・

またまたお久しぶりです。

10月も後半に入りました。


アタクシは14日にめでたく年を一つ取り、41歳になりました。

IMG_1244.jpg


39から40になる時は抵抗感だらけでしたが(笑)、今年はすんなり。

40も41も変わらん!・・・と言っているあたり、まだ抵抗感があるのでしょうか(^_^;)。




10月に入ってからは、やってみたい、と思っていたことを一つずつ実行しております。

まずは・・・




平日に旅行に行く。

行先は、


私の大好きな海の近くがいい



島がいいな



瀬戸内の小さい島を探そう



いいところがあるよ!



というので、見つけました。


「仙酔島」


という無人島です。

広島県福山市にあるの。


今、龍馬さんブームで少し有名になりつつある、鞆の浦ってとこから船で5分で着きます。




「仙酔島の自然は、日常生活で溜まった 心のストレスも 体のストレスも キレイに浄化し、癒しと安らぎ・心に刺激を与えてくれます」


といううたい文句に惹かれ・・・


そこにある宿泊施設「人生観が変わる宿 ここから」にさっそく宿泊予約。

ここから


島には、こことあと、国民宿舎もあるんだけど、両方とも、部屋にはテレビがありません。


この島は、宿泊施設があるだけで、人家もなく、道路もない。


だから、車の音も聞こえず、


聞こえるのはただ、



波の音


鳥の鳴き声


風の音




それを、耳を澄まして聞くだけ。そのために、テレビをわざと置いていないそうです。


朝の新聞配布もなし。


この島に入れば、外の世界の情報からは、一旦遮断されます。





島を縁取る海岸線に整備された遊歩道を歩いていると、日本で唯一の不思議な五色の岩にも出会える。
 
IMG_1184.jpg



五色の岩に触れると不思議とパワーをもらえる気がした。

私たちは何度も何度も、岩にもたれかかっていました。すごく気持ちよくて。
IMG_1196.jpg




そして、この島の名物は、自然の力だけを借りて体内にたまった毒素を出すという、「江戸風呂」。


3つの洞窟蒸し風呂はほんとによかった。全部、手作り感いっぱいのサウナって感じなの。

松の木の薪を焚いた余熱で入る蒸し風呂なんです。、


私は普通のサウナは少し苦手だったんだけど(下半身は冷え症だけど上半身はかなり暑がりでかなりな汗かきなので)、ここの洞窟蒸し風呂はほんとによかったです。



最初は恐る恐る海藻の蒸し風呂に入り・・・次にヨモギの蒸し風呂へ。ここが一番温度が高い。

最後の枇杷の葉の洞窟蒸し風呂では、汗が玉のように出て、ほんとにデトックスできたーって感がありました。



そして、洞窟蒸し風呂の合間に入る胎内風呂。

母親の胎内に戻ったかのようにプカプカ浮く、海水を温めた露天のお風呂で、ほんとに気持ちがいいんです。

首枕をして、ずっと浮いていたら、あまりの気持ちよさに寝そうになります。



江戸風呂は、ほとんど2時間くらいかけて全てを周り、その後夕食までの間、島の海岸沿いを散歩して、夕陽を見ました。

ほんとにキレイだった。

IMG_1188.jpg


待ちに待った夕食は、地元の漁師さんから直接仕入れた、新鮮な魚介類。


目の前の炭火のミニ囲炉裏で焼いて食べます。
囲炉裏


鯛刺し、アワビ、そして、〆の鯛飯は・・・今まで食べたことがないようなウマさでした。まさに絶品。



ご飯食べながら、宿の人のこころばかりの演出もありました。


私、ここを予約する時に、島を訪れたい目的の一つとして「快気祝い」っていうのを伝えたんですね。


そしたら・・・




こおーんな杯を用意してくださって。
IMG_1206.jpg



「おめでとうございます!素晴らしい再出発となりますように。」って。。




その後、黒い獅子が出て来て、頑張れよぉーって(笑)。

IMG_1208.jpg


そして最後は、名物、和太鼓の演奏(これは特別な演出ではなく、毎晩されているみたいです)。


これには、琴線が刺激されて、涙腺が緩みました。

和太鼓って、そういう力がありますよね・・・。

けろけろも、感極まって泣いていました。



宿の人の心のこもったおもてなしが心に染み入りました。





テレビのない部屋で、波の音をBGMにすぐ就寝。


朝は、早起きしてご来光を拝みに行こうと決めていたのに1時間寝過ごし・・・


それでも頑張って5時台には宿を出発。


海岸には、既に先を行った人の足跡が。




山道をかき分け、展望台につくと、既に女性が二人、ご来光を眺めていました。


私たちも仲間入りして・・・朝陽を浴びる。

IMG_1221.jpg


胸がいっぱいになった。


太陽の光が、私に向かって道を作ってさしていて、私に力を与えてくれているような気がして。



大丈夫だよ、あんたならきっと大丈夫だから。



って言ってもらってる気がして・・・。





私、大丈夫だ。


また、頑張れる。



そんな気持ちになっていた。





チェックアウトの前に、最後の散歩。

何度この海岸線の道を通ったのかな。ここ、大好きでした。途中にいっぱいカニさんもいてね。

IMG_1187.jpg

そして、閃きの門と言われている砂浜で、2人で瞑想。




目をつぶると、聞こえるのは波の音だけ。


ほんとにびっくりしたけど・・・雑念が消えるんです、ここでは。



私今まで瞑想ってなかなかできなかったんです、すぐにいろんな雑念が浮かんで。


でもこの場所では、まったく雑念が浮かばず、自分が考えたいことだけに集中できた。



そして・・・自分の中で結論も出た。

これからどう生きたいのか。


いや、結論はもう既に出ている。

再確認できたんです。


やっぱり、自分は、こういうふうに生きて行きたいんだと。



そしてパッと目を開けたら、きれいな海が目に飛び込んできた。

IMG_1186.jpg


よし、私、また頑張れる。


絶対、大丈夫。




いつまでも、その海辺にいたかった、本当は。


1日中でもいたかったけど・・・そろそろ帰らないとね。




帰りの船の上から、何度も何度も島に「ありがとう」を言った。


本当に来てよかった。



これからきっと、いいこといっぱいありそうな気がして(単純)。


心がすっかり癒されていました。




仙酔島、お勧めですヨ。



私も、また、戻りたいです。

Comment

おめでとう!!

たんじょびおめでとう!
時間に余裕のある時期で楽しめたかなー・
誕生日会にいけないから寂しいなあ。
その宿、すごいね。
その杯、やりてーーーーー!!!!
お相撲さんみたい。
横綱。かっこいい。
お風呂も、なんかすごくいい感じだね。
饅頭持ってはいったらヨモギ饅頭になるね。
蒸されたい…。
そんな島があるんだね☆
  • posted by hachi
  • URL
  • 2010.10/23 22:40分
  • [Edit]

ありがと~!

hachiちゃん、

ありがとね(^^)!
今年の誕生日は、ゆっくり過ごしている時期だったので
のんびりした感じで41歳を迎えました(笑)
とはいえ、次のお仕事探しも始めているので、
多少緊張感もありましたが(^_^;)。

> その杯、やりてーーーーー!!!!
> お相撲さんみたい。

でしょ~!?
私もそう思ってん!
お相撲で優勝した力士みたい、って(笑)。
さすがにけっこう重くて、一人では持てなかったよ。

> お風呂も、なんかすごくいい感じだね。
> 饅頭持ってはいったらヨモギ饅頭になるね。
> 蒸されたい…。

(笑)
ヨモギを燃やしてる部屋はいちばん温度が高くて、
ほんとに体が浄化される感じだったよ!

この島、ほんまにお勧めです!
都会の喧騒を忘れられるし、雑音も耳に入らないから
ほんっとに癒しになるよ~(^_-)

  • posted by てんぷる
  • URL
  • 2010.10/24 05:18分
  • [Edit]

こんにちは

こんにちは(*^_^*)

ほんとは初めましてじゃないような気がするんだけど
ずっと昔交流のあったネットナカマの
お友達でした(笑)

今はHNを替えて、もも から ちいになりましたv

密かにてんぷるさんのブログを読んでますv

お二人で海外で挙式をあげたのも知ってます♪

仙酔島、知ってます♪v

うちも行きました!!
泊らなかったけど。

伴侶のナルが小さな頃広島で育ってるので
一度、行ってみたいねってことで。

鞆の浦自体が とてもいい町ですよね。
ポニョで人気になってしまいましたが
心に訴えるものがある すごく印象的な
町でした。

仙酔島は最高でした!!
今度はBBQ込で泊りに来たいねって
話してました。

前を向いて歩けるようになられたようで
よかったですv

41歳、おめでとう!!
まだまだ若いですよ!!

ゆっくり休みながら自分を甘やかしながら
進みましょう♪
  • posted by ちい
  • URL
  • 2010.10/25 11:43分
  • [Edit]

ありがとうございます!

>ちいさま

コメントありがとうございます。

> ほんとは初めましてじゃないような気がするんだけど
> ずっと昔交流のあったネットナカマの
> お友達でした(笑)

ひょっとして、昔、私が日記を間借りしていたサイトつながりでしょうか?
本当に、ずっと昔のことだったような気がします。。
当時まだ30代前半だった私も、もう41ですから(笑)。

そうでしたか~密かにこちらにも来ていただいていたのですね(*^^*)。

> 仙酔島、知ってます♪v

なんと!
ご存知でしたか!行ったことがある人に初めて出会いました!
本当にいい島ですよね~(^o^)。
今でも、波の音とか景色が頭の中でよみがえります。
私も絶対また行きたいなあって思っています。

> 鞆の浦自体が とてもいい町ですよね。
> ポニョで人気になってしまいましたが
> 心に訴えるものがある すごく印象的な
> 町でした。

確かに。
私たちは、鞆の浦を歩いたりできなかったんですが、
時間があれば散策してみたかったです。
とても雰囲気のある町ですよね。

> 前を向いて歩けるようになられたようで
> よかったですv

ありがとうございます。
まだまだこれから先、いろんなことがありましょうが、
きっと何とかなる!と信じて、行こうと思っています。
ほんとに、自分を甘やかすということを、もっと
していけたらと思ってます。
  • posted by てんぷる
  • URL
  • 2010.10/26 15:07分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

てんぷる

  • Author:てんぷる
  • 1969年生まれの40代女性。
    システムエンジニア。

    2005年から同い年の同性パートナーと一緒に暮らしています。
    2008年に、カナダのバンクーバーで同性婚を挙げました。

    仕事も私生活も、楽しみながら、まっすぐ向き合いながら、
    これからも一つ一つ築き上げて行きたい。
    私たちにとって、セクシャルマイノリティとして生まれたことに
    意味があるのだから。

    やっと、女磨きにも目覚めました。

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

Twitterでつぶやき

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。