てんぷるの雑記帖

同性パートナーと暮らしているてんぷるが、マイペースに成長のキロクを綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちばんの特効薬

昨日、久しぶりにセクマイ友達とご飯に行きました。

実は・・・ここ数日、心的にも体的にもあまりよくないスパイラルに陥っており、そのことは自分でも気づいていました。


こういう時って、何もかも、マイナスに捉えてしまう、見事なまでに。



それを打開するには・・・



親しい友達と会っておしゃべりをする。


おいしいものがあればなおよし(笑)。



ということが分かっていたので、昨日の夜を楽しみに、ちょっとマイナス思考の状態のまま、ご飯を食べに行ったのですが・・・



ホントにどんぴしゃり、よい気をもらって、昨日、家に帰った時には既に回復傾向となっていました(笑)。


気の置けない友達と、楽しい時間を過ごし、一緒においしいものに舌鼓を打つ。

これ以上に効く特効薬があるでしょうか?というくらいに効果的でした。





それでも、このスパイラルから抜け出すには、向き合わないといけないことが、ありました。



きっかけは・・・


せっかく提案していただいた仕事の内容が、あまりにも条件的によくなかったので、今回は見合わせたいと丁重にお返事させていただいたのはよかったんだけど、そこで、くよくよする原因がありました。


それがちょっとした引き金、というか、実は心の奥底に抱えていたことなのかもしれないけれど、「不安」と「恐れ」があることに気づく。




何に対して不安?




4月の初めから探し続けているのになかなか決まらない。一応5月から次の現場に行っていたかったのに。

仕事が見つからなかったらという不安?

仕事がみつからなくて、貯えがどんどんなくなっていくという不安?

心が不安になることで、また体にも影響するんじゃないかという不安?




と、次から次へと、不安が不安を呼び、マイナスな気持ちのループにはまりこんでしまったのです。




それで、ほんっとに気分まで落ち込んで、物事に対してモチベーションも出なくなって・・・

とりあえず、日々やると決めている日課だけはこなすけど、それ以外はもう何もしたくない、ダルイ、みたいな(^_^;)。




そんな時、友達が声を掛けてくれた、久しぶりの会食、女子会(セクマイ系で集まったので、必然的に女子の集まりにはなるのですが(笑))


めっちゃ効果的でした。




そして今朝、けろけろが見かねて、私の中の目に見えない不安を引き出すための問答をしてくれました。


お互い、なのですが、相手のことはよく見えます。自分で自分のことはなかなか分からないものですが。


私がよくないループにはまり込んで、目に見えない不安にやられていることを、けろけろは気づいていました。




私の中で湧いていた、目に見えない不安をまずは具体的に引き出し、じゃあ、それに対して何ができるのか?
ということまで一緒に考えてみると、あらら不思議。


私はほんとに目に見えないもの、よく分からないことを不安に思っていました。



それで、具体的に思いついたのは・・・




ある程度期限を切って、案件が出て来るのを待つこと。

心配だったら、自分の貯えを再度見直して、どのくらいだったら無収入でも大丈夫かを見極めておけばいい。

自分が最低限求める条件条件を、少し下げることも考えればいい。



というふうにすればいいんちゃうん、ということ。





絶対にどこからも声をかけてもらえないわけでもない。

今はこういう世情だから、需給の関係で、少し厳しくなってるだけ。

仕事内容は妥協できないにしても、条件面は妥協しようと思えばできる。




ということが再確認できました。




不安に駆られた時は、こうやって、ちゃんと向き合うことって大事なんだなあってつくづく思いました。


ほんとに、心が軽くなって、また、前向きに軌道修正ができた気がするのです。




ほんと、人生って、こういうことの繰り返しなんですね。


そうやって学んでいくんだと思います。




まあ、いちばんの特効薬は、友達とのおしゃべりと、おいしいものを食べるってことなんだなあということも、改めて確認できたのでした。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

てんぷる

  • Author:てんぷる
  • 1969年生まれの40代女性。
    システムエンジニア。

    2005年から同い年の同性パートナーと一緒に暮らしています。
    2008年に、カナダのバンクーバーで同性婚を挙げました。

    仕事も私生活も、楽しみながら、まっすぐ向き合いながら、
    これからも一つ一つ築き上げて行きたい。
    私たちにとって、セクシャルマイノリティとして生まれたことに
    意味があるのだから。

    やっと、女磨きにも目覚めました。

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

Twitterでつぶやき

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。