てんぷるの雑記帖

同性パートナーと暮らしているてんぷるが、マイペースに成長のキロクを綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40歳は不惑なんかじゃない

私は今42歳なんですが・・・孔子の言葉だったかでは、「40は不惑」と言われていたそうですね。

まあその当時は平均寿命も短く、40というと熟年の域に入っていたんだろうとは思いますが。




昨日、とある集まりで、40歳って惑う年なんだという話になりました。

ちょうど40になって、このままでいいのかな?この先どうしよう?って不安になったりする人が多いんだそうです。


昨日会った人の中で、独身の方がいたのですが、彼女は、このままでいいのかな?やりたいこと見つけたいな・・・でもどうしたらいいんだろう、私このままずっと一人だったら・・・なんていう不安にさいなまれて悩んでいると言っていました。

だから、やりたいことを見つけたいけど、頭でいろいろ考えると動くことができない・・・だからますます不安になるんだと。


逆に、おととい出会った人の中で、私と同年代で、既婚で子供さんがいる女性がいて、その人は、子供に手がかからなくなってきたから、そろそろ自分の夢を見つけて何かを始めたいんだけど、何の資格も持っていないし、今さら私が出来ることはあるのだろうか・・・と思いつつも、何かのきっかけになればと、少しずつセミナーなどに参加するようにし始めていると言っていました。


シングルであれ既婚であれ、40歳ってなんか、節目になる年なのかもしれないなと思います。


そして、みんなそれぞれ誰もが、何がしかの思い、それは不安や恐れかもしれないし迷いや葛藤かもしれない、そういうものを抱えているんだなと思いました。


人間である以上、それは当然なんでしょう。




私は、自分がセクマイに生まれたことに多分ものすごい劣等感を持っていて、これまでの人生はそれとの戦いでした。

なので、ストレス性の病気はほとんど経験してきました(笑)。

でも、そんな自分のままでいるのは嫌だったので、もがいてもがいて、少しずつそういう劣等感を取り除こうと、自分がいいと思うことはできる限りやってきました。

勇気を出してきたことでいろんな出会いにも恵まれ、少しずつ変わってこれたという実感はありました。





でもそれでも、まだ自分の中にしぶとく劣等感が居座り続けていることを、ここ最近痛感しています。


私と同年代の既婚女性に出会うだけで、そしてその人が子育てをしてきたと聞くだけで、自分は一人前の女性として生きられていないという劣等感に囚われる。

自分は女性としてこの人の足元にも及ばないという思いになってしまう自分に気づきます。



そして、両親と一緒にいる時に、孫と一緒にいるおじいさんおばあさんと見ると、罪悪感が湧きます。

私は親に、孫の顔も見せてあげられないし、それ以前に花嫁姿すら見せてあげられていないな、と。




抜け出たと思った殻の中に、私はまだいたのです。




支え合って人生を共に歩むパートナーを見つけて一緒に住むようになってもなお、自分の中で、ありのままの自分を認められない自分がいること・・・そのことに気づいて、私は今も、そういう自分から抜け出したい、という思いで毎日毎日もがいている気がします。




そんな私が今年の目標に掲げたのは


「自分の殻を破る」


ということでした。





それはまさしく、


卑屈になることなく重くなることなく、せっかくこういうセクシャリティに生まれたんだから、それを強みにすらして自分らしく生きていく、自分を貫く自分でありたい、と心から願っているんだと今日気づいたのです。




私とは正反対に、けろけろは、自分がこういうセクシャリティであることを楽しんですらいます。

カミングアウトなんて、された人の反応を見るのが楽しみでたまらないんだって。




けろけろとそういう話をして、なんじゃこの温度差は!って2人でびっくりしましたからね(^_^;)。


パートナーでありながら、ここまで自分のセクシャリティに対する価値観が違ってるんですよね・・・。





やっぱり私も、けろけろのように楽しみたい。


心から、自分がこういうセクシャリティであることを嬉しく思い、自分にしかできない生き方を、肩に力を入れずあくまで自然体に貫けたらカッコいいだろうなあって思うんです。




私も、40を越えてやっと、っていうか、つい最近ですけど(^_^;)、そう思うようになりました。

っていうか、自分が殻を破るために何が障害なのかがはっきりしたんですね。




昨日おととい出会った人たちも、今は悩み迷い葛藤していると思いますが、きっとそれはその人にとって必要なプロセスなんだと思います。

そうやって悩むからこそ、成長するんだし得られるものも多くあります。




そして、こうやってどうやって生きようかと悩めるだけ恵まれている。


地球上には、生きることで精いっぱいにならざるをえない境遇の人は多くいるのですから。




こうした恵まれた状況にいられる私たちは、いっぱい悩めばいいんですよね、きっと。悩みの先には必ず光があるのだから。

悩みこそ人を成長させる。





昨日出会った先生は、

「人生は50からなのよ♪私は今51なんだけど、私の母もそう言ってた。今はそれがよく分かる。」

と言っていました。



何かを始めるのに、遅すぎるということはないはず。

気づいた時、その時こそが、きっと最適な時なんだろうなと。



私にとって、今からがきっと「最適な時」なんだと信じています(*^^)v



というわけで・・・惑って惑いまくりますよ、40代は(笑)。

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by
  • 2012.06/21 16:24分
  • [Edit]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by
  • 2013.01/22 09:46分
  • [Edit]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by
  • 2013.02/27 09:51分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

てんぷる

  • Author:てんぷる
  • 1969年生まれの40代女性。
    システムエンジニア。

    2005年から同い年の同性パートナーと一緒に暮らしています。
    2008年に、カナダのバンクーバーで同性婚を挙げました。

    仕事も私生活も、楽しみながら、まっすぐ向き合いながら、
    これからも一つ一つ築き上げて行きたい。
    私たちにとって、セクシャルマイノリティとして生まれたことに
    意味があるのだから。

    やっと、女磨きにも目覚めました。

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

Twitterでつぶやき

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。