てんぷるの雑記帖

同性パートナーと暮らしているてんぷるが、マイペースに成長のキロクを綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝ても寝ても・・・

ピルの副作用がようやく少しずつ落ち着いてきた。
一時期は・・・こんなにしんどいんならもう飲み続けるのやめようかな、と思うほどだったが・・・。

頭痛と吐き気はなくなってきてる。
とはいえ、仕事から帰ると、仕事をしたせいか(笑)、頭痛はする。
あと、だるいのはまだ続いてる。
寝ても寝ても眠いのだった。
なかなかしゃっきりとはしない。

それと、深刻なのは、仕事にやる気が出ないこと(^_^;)。
まあ、仕事場に行けばもちろんやらなきゃならないことはやってるんだけど、相当やる気ないね(断言するなよって感じですな)。

というような感じではあるけど、まあ、こういうときもあるさということで、やる気ない時はやる気ないなりにやってたらええと思うよ、無理する必要はない、というけろけろのお言葉通り、ぼちぼちやってこうかと。

こういう時は些細な気分転換が楽しかったりする。
今は不思議なことにすごく活字中毒状態で、本を読み漁ってる。
先週3日休んでたときも、寝てない時はずっと本を乱読していた。

でもまあ、やっぱり健康を害して初めて気づくのは、やっぱり、「体」がいちばんだなということ。
「体」よりも仕事を優先させちゃいけないなと思う。
こんなことになったから、立ち止まって考えるきっかけにもなったんだし、今はよかったんだと思う。

忙しさにかまけて、大事なことを見失ってたと思う。
まあ、お客一番やからしょうがないといえばしょうがないけど・・・。

今は、心と体が少しずつ元に戻るのに任せて、ペースダウンしてやってこう。

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2006.06/07 22:42分
  • [Edit]

何より体優先で

てんぷるさん。

今、これを見て、あれからそんなに大変だったんだ、と知りました。
がんばって奮闘してたんだね。

でも、ほんと体が何より大事だよ。

私、今週本業の仕事の直後に、さっきまで話聞いてた人たちの前で、階段から転がり落ちて(数段滑り落ちて)、最後に頭をごつんと打って、ショックだった。何がって、(頭打っちゃいかんなぁ)、と思って。(気がかりなことって、本人が思ってる以上にそういうところに出るんだな)、と思って。完璧目指して仕事してるつもりの時でも、人間関係からくるストレスとかって思いのほか大きい。私の場合は大したことなくて、体ぶつけた程度だけどね。

きっとてんぷるさんのことだから、頭痛ぐらいでは、がまんして仕事しちゃったりすると思うけど、吐き気がする時はほんとに仕事は無理だと思うよ。それはほんとに信号だと思う。無理だよ~、無理しないで~っていう。早くおさまって、ゆったりできるといいね。

前のページでちらっと読んだ仕事のこと、こっちに書くね。詳しいことはわからないけど、たぶん、てんぷるさんのようなお仕事をしている人は、プロ意識をもって、「今回の話はお断りする」とか、どこかで見切りをつけるっていうのは十分あっていいことだと思うよ。

アルバイト先の会社から依頼を受けて、やり取りをしているメールを読んだことがあったのね。その中に、「今回は、依頼を受けて取りかかりましたが、そちらのご要望に沿えないとわかりましたので今回のお話はお断りさせていただきます」、みたいなメールがありました。目に入った時は、(ひぇ~ 強気~ )と思ったけど、後になって思えば、それ相応の仕事をいくつも手がけてきてる人なんだろうし、こっちの会社が無理を言ったのもあるんだろうし、妥当な判断なんだろうな、と思ったよ。

受けた仕事だからって、依頼主だからって、てんぷるさんの方にも選ぶ権利はあるわけで。だから、てんぷるさんの力やアイディアをもっと存分に発揮できるような、方針のしっかりした相手と、いい仕事してね。体いたわって、じっくりまた進めていけば、きっとうまくいくと思うなぁ。

って、思わず力入ってしまいましたけど、ほんと、気楽にね。体大事にね。
  • posted by komugi
  • URL
  • 2006.06/10 19:21分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

てんぷる

  • Author:てんぷる
  • 1969年生まれの40代女性。
    システムエンジニア。

    2005年から同い年の同性パートナーと一緒に暮らしています。
    2008年に、カナダのバンクーバーで同性婚を挙げました。

    仕事も私生活も、楽しみながら、まっすぐ向き合いながら、
    これからも一つ一つ築き上げて行きたい。
    私たちにとって、セクシャルマイノリティとして生まれたことに
    意味があるのだから。

    やっと、女磨きにも目覚めました。

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

Twitterでつぶやき

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。