てんぷるの雑記帖

同性パートナーと暮らしているてんぷるが、マイペースに成長のキロクを綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きの続き

その後・・・相変わらず仕事は休んでいる。
とりあえず、仕事に行くのは3日間は絶対無理かなあと思っていたけど、ほんとに1週間くらい無理なんじゃないかという感じに思えてきた・・・。

それでも、腹痛の頻度はかなり減った。
昨日は午前中に2回ほどだけ。
お昼とか夜ご飯(相変わらずおかゆですが(^_^;))食べた後必ず痛くなってトイレに駆け込んでいたのが、昨日は大丈夫だった。
朝だけだったから。

そして、昨日は、朝から空元気でも、「必ずよくなる!」って大声で言って、今日は絶対にマイナスな思いを持たない!って決めて過ごそうと思ってたんだけど・・・。

夕方に、私の前会社の人(今、契約社員として契約させてもらってる会社)から電話がかかってきて、状況は?とか聞かれ・・・現場のリーダの人に連絡をして下さい、とか言われ・・・といわれてもちゃんと連絡はしてるんだけどね。

一応連絡はしてるんやけど・・・と思いつつ、電話をする。
今の状況と、症状は少しずつよくはなってると思うが、体力が劇的に落ちまくっているので、今週は難しいと思ってる、申し訳ないです、というようなことを言ったと思う。

すると、なんかちょっと不機嫌で・・・そりゃあ、体調を崩して長々と休んでる私に腹も立とうさ。
作業の割り振りとかいろいろあるだろうしさ。

来れないんやったらしょうがないけど、みたいに言われ、前会社の上司にはちゃんと連絡取っておけよ、と言い残して、電話はそこで終わり。

その電話の後、ちょっと呆然と、怒りとか悲しみみたいな訳の分からない感情に押し流されてる私のもとに、また電話。
前会社の上司。

仕事を1週間休む場合は、契約上、診断書が必要ですので、とのこと。

私が怒りというか悲しいというかショックだったのは・・・腹が立つのも分かるし、体調管理できてなくて長々と休んで迷惑かけてる私が悪いのは分かってるけど、何かこう、一言がなかったというそれだけのことやと思う。今思えば。

一言でいいから、「お大事に」という言葉が欲しかっただけやねん。

それがあれば、素直に、ようし、早く治して、迷惑書けた分頑張るぞ!って思えたと思う。

だけど、向こうもイライラしてて、当たりたかっただけなのかもしれないけど、それでも、最後に一言、お大事に系の言葉を言ってくれてたら、随分と違ったと思った。

病気で弱ってる時だけに、ちょっとしたことで動揺してしまうからなおさら。

「ありがとう」「ごめんなさい」
その類の言葉ってほんとに大事なんだ、こんなにも人の心を左右するものなんだって、昨日改めて思った。

あとで、仲良くしてる女の子が電話してくれて、いろいろ言ったんだけど・・・どうも、今、そんなほど差し迫った作業で手一杯というのでもないらしい。
誰かさんがExcelで作った資料をWordにしてくれとか(^_^;)、誰でもできるような作業振られただけやし?とか言ってた。

はぁ・・・でも、人の心は弱い。
私の心はまだそんなには強くない。。

それから、なぜかひとしきり凹んで怒って、仕事中のけろけろにまで泣きながら電話してぶちまけてしまい・・・しばらく空を見つめていたら、少しずつ落ち着いたのでした。

とりあえず、今の目標。
明日はなんとか出社。

ただ・・・1日持つかは不安だけどね。
何分、体重が最低ラインまできており、ほんとにフラフラ状態なのです・・・。
しかも、ずっとおかゆを食べてたのもあるのか、口が酸っぱい。
胃が収縮してる?

とにかく、薬も切れてきたことだし、今日の午前中、もう一度医者に言って、今の状況を話すのと、点滴でも打ってもらおうかと。。

とりあえず、高いお金出して診断書もらうのもしゃくって感じ?
・・・やっぱり、まだ怒ってますね、私(ー_ー)!!

・・・とはいえ、まだ少し、おなかがシクシクするのは事実なのだけどね・・・。

Comment

診断書

もらってきたらいいと思うなぁ。

それで、職場の人にちゃんと渡したらいいと思うなぁ。どうかな?

と、穏やかに書き始めたものの、
読んだ時は、「何それ!そんなのひどい!」って思いました。
だって、私の行ってる副業程度の仕事の方だって、こっちに負担が大きすぎてついに休んでしまったときは、「お大事に」とか、「すみませんね、無理させてしまったみたいで」、とか一応言うよ。調整役みたいな人が。まあ、その点、その人は上手といえば上手で。いつもそういうこと言うのはその人の役みたいになってるから、社交辞令もあるのかもしれないけど、やっぱりひと言ほしいよね。

ほかの人はそういうこと言わないの。たぶん余裕がないんだろうし、人の体調そんなに気にかけていないのかもしれないし(自分たちも大変なんだってのもあるのかな)、キャパの違いかなって思う。

てんぷるさんが悲しみと怒りが混じった感じになったのもごもっともです。だって、しかも弱っているときに。

なんで休んでいるのかって、ほんとのところはよくわからないから、医者行ってましたっていうことと、診断書と、両方が伝われば、きっと、(そのわからず屋?の人たちにも)そうか、それじゃしょうがないな、って納得されるんじゃないかな。

東大阪の○○○○(ニュースのじゃないよ)、診断書なしで辞めてるから、まあ、どっちでもいいといえばどっちでもいいけど。診断書もらえるなら、もらっておいたらどうかな。

と、黙ってられずに、書き込んじゃいました。

みんなもう寝てるよね。おやすみー。

  • posted by komugi
  • URL
  • 2006.06/30 00:06分
  • [Edit]

うん、、

私もkomugiさんの言う通り、それが彼のキャパであり、うつわなのだなと思った。
そこで自然に「お大事に」といえるか否かって、もうそこしかないもんね。

確かにね、このところ作業の内容が落ち着かなくて、エンドユーザに振り回され、作った資料も無駄になる、とかそういうこといろいろあって、相当気力も落ち込んでて、よく怒ってさっさと帰っててんね(^_^;)。

これといってすごい課題があるわけでもなく、何か出て来たらやる、みたいな中途半端な状況で、モチベーションも下がりまくり。

とにかく、かかわったプロジェクトの内部体制が全然体制として機能していなくて、私たちずっと振り回されてたから・・・。

そんなこんなで、すごいうっぷんがたまったりしてて(^_^;)、自分でもあまりいい精神状態ではないなってずっと思ってた。

という感じなので、体力的に無理をしている、というのはなかったから(取り立ててやることもない日も少なくなかったので早く帰る日も多かった)、現場のリーダにしたら、私がここまで長々と休むことに腹が立ったんだとは思うねん。

しかも、前会社の上司に連絡しとけ、って言われても・・・ビジネスライクに言わせてもらうと、私はもうそこの「社員」じゃないし、私はフリーとしてそこと契約させてもらってるだけなので、いちいちそこに連絡入れる筋合いはないはずやねん。

現場のリーダ、あなたにはちゃんと入れてるわけだから。

それを、何か切羽詰ってたのかもしれないし、人の体調どころじゃなかったんだろうけど、何を当り散らして、弱ってる人間をさらに落ち込ませてるのかな、って・・・。

でももう、そういうところが彼の「うつわ」なんやなって思うようになると、ちょっとは気が楽になるよね。

仕事の面とか、リーダーとしてとかを見ると、すごく能力のある人なので、私は一目置いてたんだけど、この一件で、仕事の能力と、人間的うつわは違うんやなって思った。

尊敬の念は消え去りました・・・。

うん、今日、診断書もらってこようと思ってるよ。
  • posted by てんぷる
  • URL
  • 2006.06/30 05:54分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

てんぷる

  • Author:てんぷる
  • 1969年生まれの40代女性。
    システムエンジニア。

    2005年から同い年の同性パートナーと一緒に暮らしています。
    2008年に、カナダのバンクーバーで同性婚を挙げました。

    仕事も私生活も、楽しみながら、まっすぐ向き合いながら、
    これからも一つ一つ築き上げて行きたい。
    私たちにとって、セクシャルマイノリティとして生まれたことに
    意味があるのだから。

    やっと、女磨きにも目覚めました。

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

Twitterでつぶやき

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。