てんぷるの雑記帖

同性パートナーと暮らしているてんぷるが、マイペースに成長のキロクを綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社を、辞めます

またもや体重DOWN(~_~;)。
食欲絶好調でちょっぴり出っ張りぎみだったお腹(笑)もほとんどまっすぐに戻ってしまった。
もーすぐに自律神経のバランスが狂ってしまう・・・悩み事があると。
この週末からずっと体調が悪く、生理も来てしまい、今日はお休み中。

今朝現場のリーダに電話をした時、どうした、風邪か?また腰(ちょうどGWに傷めてそれから完治していない・・・でも正確にはお尻かな(^_^;))か?と聞かれ、本当のことを言うわけにもいかず、胃腸がおかしくて云々・・・とごまかしてしまった。
今思えばどうせ生理休暇にするんだから生理痛で、と言えばよかったとも思うが・・・。

でも、ほんとに、ようやく、約2年間の迷い・苦悩の期間を経て、ようやく決心がついたのだ。

今日の晩、上司に、「伝える」ための時間を作ってもらうためにメールをします。
どう言おうとか、もう散々考えて・・・なるべく穏便にということからまわりくどいことを言った方がいいのか、なるべく本当のことは言わず嘘をついた方がいいのか迷ってもいたけど、やっぱり私が悩み続けてきたことは真実だし、それによっていろいろと苦しい思いをし続け、自分に重荷を課し続けてきたことも事実だから、本当のことを言おうと決めた。

けろけろも相談に乗ってくれて、大体こんな感じで、という筋書きはできたつもり。
あとは・・・本番でそれを伝えるだけだ。
・・・緊張するけどね(@_@;)。

そして、日にちさえ決まってしまえば、本当に肩の荷が下りるだろう。
今は、今抱えている仕事さえこなすのが辛いほど精神的に参ってる。
自分の心の中で決めてしまってからは特に目の前の仕事に身が入らないような状態なのに、状況が何も変わらないってのは辛いよね。
だから、次のステップ、上司に意思を告げることを行わなければならない。
心では決めてしまっているのに、平静のまま仕事をすることなんて不可能。

なるべく周りにかける迷惑が最小限に済むように・・・。

これを乗り越えなければ次へは進めない。
「次」が明確に決まっているわけじゃないけれど、でも、少しでも私が私らしく生きていける道を模索しつつ、進んで行こうと思っている。
きっとなんとかなる。絶対に何とかなる。

ただ、しばらくは今と同じ業界で仕事をしていくつもりだけど・・・。
でも少しずつでも自分の夢に向かっていけたらいい。
そのために、私は決断したのだから。

土曜は定期的に通ってるカウンセリングに行って来た。
そして、最近の状況などを伝える。決心のことも。
ようやく決心したんですね、痛々しいほどに頑張ってましたもんね、と言われる・・・。

今の私の不安定な感情表現については、そういう子供の部分を見せれる場があなたにはあるってことですよ、って言われた。
幸せなことなんだとね。

事実、自分では、自分がここまで子供っぽいと言うか、理不尽でわがままで寂しがりやでまるで3歳児のような面をこの年になって人前でさらけ出す自分にショックを隠しきれなかったのも事実。
っていうか、人前って言っても、けろけろの前でだけど。。

そんな子供っぽい行動を取ってしまう自分が嫌いなんです、というと、そんな自分を、いつもパートナーにしてもらってるように、自分でいとおしんで抱きしめてあげられるようになるといいいですよね、って言われた。

ほんとにそうだ。
私はいつもそうだ。自分に対してどうしても手厳しい。ちょっとしたことでも許せないんだ。ぎゅっと、なんてしてあげたことがない。
いつも自分を責めたり叱ったりばかり。
これからは、自分の中の全ての感情を自分で受け止めて、いつもけろけろがしてくれるように、よしよし、って自分にしてあげられるようになるように、自分に対してもっとやさしくなれるといいな。

そして、新しい環境で頑張り始めた、けろけろをもっと応援してあげなければね。
そういうふうになれるように、私自身が落ち着きたい。

そういえば、けろけろが国家試験に無事合格したのだ!
本当によかった。

私も負けないように・・・頑張る。次のステップ目指して。
周りには、いっぱい頑張っている友達もいるしね(^^)。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

てんぷる

  • Author:てんぷる
  • 1969年生まれの40代女性。
    システムエンジニア。

    2005年から同い年の同性パートナーと一緒に暮らしています。
    2008年に、カナダのバンクーバーで同性婚を挙げました。

    仕事も私生活も、楽しみながら、まっすぐ向き合いながら、
    これからも一つ一つ築き上げて行きたい。
    私たちにとって、セクシャルマイノリティとして生まれたことに
    意味があるのだから。

    やっと、女磨きにも目覚めました。

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

Twitterでつぶやき

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。